社交アイコン

理事長挨拶

~ 理事長 大﨑 信昭 ~

社交飲食業は、もう長い間斜陽産業の典型的な業種と見なされてきました。 確かに遊びは多様化し、客それぞれも個性化して現在の営業では対応しきれない部分も増えています。 今後サービス技術の革新と遊びの創造性を中心に据えて、情報の共有化を進めれば、 そこから生き残りの道が開けると思います。長引く不況、内外環境がますます厳しさを増してくることを考えた時、 現状からの脱皮、原点回帰が望まれますし、社交飲食営業が生き残って行くために、業界ぐるみの構造改善、 接客技能の高いホステスの育成、顧客のニーズを的確に捉えるための情報収集力、サービス、企画力の強化、 さらに独創性を持った人材の育成等対応に暇もありません。
   食の安心、街の安全、美化等のために行政と一体となった活動を進めていきたいと皆様のご協力をよろしくお願い致します。